top of page

文化政策コースへようこそ!

政策研究大学院大学 公共政策プログラム 文化政策コースは
公共政策としての文化政策が研究できる教育プログラムです。

修士(文化政策)Master of Cultural Policy を 取得することができます。

 

■ 学生募

 公共政策プログラム文化政策コースは、2024年度の学生募集は行いません。

 出願受付期間

 政策研究大学院大学公共政策プログラム他入試情報は

​ 大学HP内入試案内をご確認ください

■ よくあるご質問

​ よくあるご質問については「Q&A」をご覧ください。

​ 本コースへのお問合せフォームはこちらです。

「劇場の未来を考える ハンドブック」

 平成29年度-2019年度/文化庁事業成果をとりまとめたハンドブックを公開しました。

​ こちらから、無料でご閲覧いただけます!

「劇場の未来を考える ガイドブック」

 2020年度-2022年度/文化庁事業成果をとりまとめたガイドブックを公開しました。

​ ガイドブックⅠ特別講座テキスト

 ガイドブックⅡ|劇場ケーススタディ・研修生エッセイ集

 文化庁事業とは…

 文化庁事業 2017-2019

​ 文化庁事業 2020-2022

   Photo: Masao Nishikawa

ご挨拶

寒中お見舞い申し上げます。

また、能登半島地震で被災されました方々に心よりお悔やみ申し上げます。寒い日が続きますが、どうぞご自愛ください。

政策研究大学院大学公共政策プログラム文化政策コースは、2024年3月末をもって終了することとなりました。2000年より学生受け入れを開始した本コースでは、国内外の優秀な人材が学び、博士・修士を含め60名近くの卒業生を輩出することができました。国内外で、国や地方自治体等の行政、文化振興団体、民間企業、コンサルタント、教育職・研究職等、それぞれに希望に沿った分野で活躍しています。また、この間、各種国際シンポジウム、フォーラム等を実施、97回を数える特別セミナーでは、国内外から多くの文化団体・実践家、官界、経済界を始め、多様な分野の有識者の方々にご登壇いただきました。これらは、1億7千万円強に上る外部資金により支えられており、運営費交付金では実施できない、教育、研究、研修事業等につながりました。

 

これまで、ご支援、ご協力賜りました多くの関係者の方々に、心より感謝申し上げますとともに、皆様のご多幸とますますのご発展を祈念し、略儀ながらご挨拶とさせていただきます。

2024年1月吉日
政策研究大学院大学 

名誉教授 垣内恵美子
 

■ 著書紹介

「チケットを売り切る劇場 兵庫県立芸術文化センターの軌跡」

  垣内恵美子・ 林 伸光 著

 単行本: 196ページ
 出版社: 水曜社 (2012/3/25)
 言語 日本語
 ISBN-10: 4880652830
 ISBN-13: 978-4880652832
 発売日: 2012/3/25

「Culture, Creativity and Cities」

 Emiko Kakiuchi, Xavier Greffe

bottom of page