検索

政策研究大学院大学公共政策プログラム文化政策コースでは、

2021年度修士論文発表会を下記要領で開催いたします。

※関係者にはZoomURLをご案内いたします。

公共政策プログラム文化政策コース 

修士論文発表会(2021年度)

  

         記


■日 時 2022年2月2日(水)13:30‐15:00

■会 場 Zoom

■発表者 3名

大熊 玲子「公立劇場専属舞踊団の継続要件の検討―新潟市民芸術文化会館のNoism Company Niigataを事例に―」

松井真理子「共生社会実現へ向けた地域の劇場の役割―障害者と共に創造する舞台・神奈川県内を事例として―」

小島 寛之「連立政権以降(2010年-2020年)のアーツ・カウンシル・イングランドの運営戦略の変化とその影響」

※各30分(発表20分+質疑10分)

                        

                                                  以上

閲覧数:4回

「劇場の未来を考える~課題解決型シアターマネジメント2021ー新たな視点ー」

 A new perspective on the future of theaters

   -Beyond the pandemic crisis-


■開催報告

PartⅠ 劇場が直面する課題

PartⅡ コロナの影響と文化政策


2021年12月8日に開催した国際シンポジウムの様子を、ダイジェスト版としてまとめました。

画像をスクロールして、ご覧ください(全4ページ)。

ご参加のみなさま、ありがとうございました。


閲覧数:8回

政策研究大学院大学公共政策プログラム文化政策コースでは、理論から実践まで本格的に、文化政策を学べます。

文化政策は、今や、国レベルだけでなく、地方創生や産業政策においても重要な領域になっています。文化に関心のある行政官、実践家、研究者を志す方、文化振興に情熱を持っている方など、意欲的な学生を歓迎します。


カリキュラムはオーダーメイド、オンライン授業も含め、働きながら学ぶことができます。

私たちと一緒に学んでみませんか。

(文化政策コース パンフレット2022)


ただいま、2022年度 学生(修士)募集中です。

受験についての詳細は、本学公式HPをご覧ください。


【関連ページ】


国立大学法人 政策研究大学院大学

 https://www.grips.ac.jp/


学生関連|文化政策コースでの学位論文・進路ほか

 https://www.culture.grips.ac.jp/students

研究成果|文化政策コースでの研究成果

 https://www.culture.grips.ac.jp/publication

Q&A|文化政策コースに寄せられるご質問集

 https://www.culture.grips.ac.jp/q-a2020

閲覧数:8回
特集記事
最新記事