検索

2019年12月15日(日)日本音楽芸術マネジメント学会 第13回冬の研究大会にて、文化庁大学における文化芸術推進事業にかかる発表として、「公立劇場の抱える課題についての一考察 「課題解決型のシアターマネジメントに向けた 次世代リーダー育成のためのプログラムの開発」における取組から(その2)」として、研究報告を行いました。今回の発表では、三か年の活動成果として、公開中の「劇場の未来を考える ハンドブック」のご紹介と、ハンドブック内ケーススタディ作成のための課題抽出における具体的取組として実施した、複数の調査とその結果概要についてご紹介をさせていただきました。



質疑においては、調査結果・成果等についてもお尋ねいただき、また、きめ細かなプログラムであるとご関心を寄せてくださる方もあり、劇場の課題、地域の課題をどのように捉えるか等示唆に富むコメントを頂戴するなど、学びの多い場となりました。発表の機会を与えていただけましたことに、改めて感謝申し上げます。

日時 2021年 2月13日(土)10:00- 会場 Zoom

主催 日本音楽芸術マネジメント学会

   Japanese Society for Musical Arts Management 

  (略称:JaSMAM)

3回の閲覧

政策研究大学院大学公共政策プログラム文化政策コースでは、2020年度修士論文発表会を下記要領で開催いたします。

※関係者にはZoomURLをご案内いたします。

公共政策プログラム文化政策コース 

修士論文発表会(2020年度)

  

         記


■日 時 2021年2月5日(金)14:00‐16:00

■会 場 Zoom

■発表者 4名

 高木 翔平 「重伝建地区における空き家対策の在り方―高岡市の今後の方向性―」

 中原 聡一 「阿波踊り運営改革の成果と課題に関する考察―文化資源を活用した観光振興に求められる視点―」

 松田 和大 「地方自治体によるクラウドファンディング―文化財源確保の観点から―」

 彌本あゆみ 「公立博物館の収蔵品維持に関する方策の検討―川崎市市民ミュージアムの事例を踏まえて―」

 ※各30分(発表20分+質疑10分)

                        以上

3回の閲覧

令和2年度 文化庁事業「劇場活動にかかる評価リテラシー育成のための教育プログラムの開発 自己評価ガイドブックの作成及び調査アプリの開発」特別講座(全12コマ)、好評開講中です。

研修生及び関係者のみなさまには、引き続きお役立ていただけますと幸いです。


4回の閲覧
特集記事
最新記事