• 湯本

フィールドトリップ/20170615


■日比谷公園

東京都を代表する都市公園である日比谷公園を訪問しました。梅雨の時期にもかかわらず晴天に恵まれました。約1時間の見学中はほぼ歩きっぱなしでしたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 日比谷公園は、木々や花々でオフィス街の空気を潤してくれるだけではありません。ミクロネシアの石貨、はにわ、江戸時代から伝わる由緒ある石、ローマ市から送られたロムルスとレムスの像、人も馬も水が飲めるように工夫された開園当初からある給水所など、興味深い品々の宝庫です。

 また、公園を管理する東京都公園協会の方からお話を聞くことができました。日比谷公園は、都所有の歴史ある公園でありなが、園内で積極的に商業イベントを行っているとのことです。

 我々が訪問した数日前までもビールの祭典・オクトーバーフェスタが行われており、多くの人々で賑わったとのことでした。日比谷公園でイベントを行いたいという業者は多いそうです。

お話を聞き、イベントの収益をいかに公園の維持管理発展につなげていくかが課題であると感じました。

(2017.6.15/湯本)

#フィールドトリップ #見学

© 2020 by GRIPS Cultural Policy Concentration