特別セミナー2020/文化を巡る政策最前線(第67回)


文化政策コース

特別セミナー2020文化を巡る政策最前線

各分野における専門家をお招きし、本学学生を対象に下記要領で特別セミナーを開催します。第67回は「兵庫県立芸術文化センターの実態と戦略」として、兵庫県立芸術文化センターより、副館長藤村順一氏をお招きいたします。受講者には、別途URLをご案内いたします。

【第67回 開催概要】 ■日 時 2020年7月16日(木)18:20-19:50 ■会 場 ZOOM(オンライン講座)

■講 師 藤村 順一氏(兵庫県立芸術文化センター 副館長)

■題 目

「指定管理者制度のベストプラクティス ―兵庫県立芸術文化センターの軌跡―」


■内 容

阪神淡路大震災の復興のシンボルとして設立された兵庫県立芸術文化センター。年間50万人の利用者を誇る人気の劇場だが、予算の節減と住民サービスの向上という一見相反する要請から逃れることはできない。劇場の設立当初から第一線で運営にあたってきたトップマネジメントが考える「指定管理者制度」の意義、そのメリットとデメリットについて知見を共有し、今後の方向性を議論する。

■言 語 日本語

■対 象 本講座受講学生 ■申 込 参加無料

■主 催 政策研究大学院公共政策プログラム文化政策コース 

     ディレクター・教授 垣内恵美子




#政策最前線 #文化政策 #セミナー #デジタル

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2020 by GRIPS Cultural Policy Concentration