特別セミナー2019/文化を巡る政策最前線(第60回)

文化政策コース

特別セミナー2018 文化を巡る政策最前線

各分野における専門家をお招きし、本学学生を対象に下記要領で特別セミナーを開催します。

第60回「芸術団体の社会的責任とそれを支える芸術的・教育的取り組みについて~LAフィルのCEO(最高経営責任者)& COO(最高執行責任者)とのダイアローグ~」 

今年で100周年を迎えたロサンゼルス・フィルハーモニックは、いかにして年間予算130億円、基金350億円、アメリカで最大規模のオーケストラになったのか。LAフィルのCEO Simon Woods氏と、芸術面を担当するCOO Chad Smith氏を迎え、参加者とのダイアローグを交えながら、芸術団体が果たすべき社会的な役割・責任について、経営面と芸術面から具体的に議論する。

スピーカープロフィール

サイモン・ウッズ / Simon Woods(LAフィル 最高経営責任者 CEO) ロイヤルスコットランド国立オーケストラとニュージャージー交響楽団のCEO、フィ ラデルフィア交響楽団の芸術・運営制作部長、シアトル交響楽団の最高経営責任者を 7年間歴任。同響を芸術的のみならずコミュニティにおける役割や社会的インパクト へのコミットメントにより組織を成長させてきた。1980年代には、ロンドンのEMI ク ラシックのレコードプロデューサーとして名盤を多数制作。 2018年より現職。そ