フィールドトリップ2019/横浜美術館

GRIPS CULTURAL POLICY CONCENTRATION Fieldtrip 2019

公共政策プログラム文化政策コースでは、2019年は「アートと社会のつながり」というテーマで、フィールドトリップを企画しました。

6月21日(土)には、横浜美術館にて「Meet the Collection」展を鑑賞、館長 逢坂恵理子氏による特別セミナーを受講いたしました。展覧会では、時空をも自在に超える圧巻の作品を堪能。セミナーでは、美術館の担う役割と展望とし、アートとは、という大きなテーマを入口に、美術館に求められる役割や機能を体系的にご説明いただき、行政とのかかわりや同美術館における先鋭的な取り組みについてもご紹介いただきました。媒体や技術は変われど、それぞれの時代に各々の心に向き合い、誠実にダイナミックにあらわされた芸術作品と、それらの作品をいかにしてひとびとに伝えるか。そのために、どのようなはたらきが必要であるのか、その先に何を目指すのか。一ファンとして、市民として、行政官として、またアートマネジメントに関わるものとして、受講者がさまざまな立場で耳を傾け、目を凝らし、議論するさまも印象的でした。横浜美術館のあゆみを通し、日本における美術館の在り方について、これまでとこれからを知る大変貴重な機会となりました。