top of page

ご挨拶

寒中お見舞い申し上げます。

また、能登半島地震で被災されました方々に心よりお悔やみ申し上げます。

寒い日が続きますが、どうぞご自愛ください。


政策研究大学院大学公共政策プログラム文化政策コースは、2024年3月末をもって終了することとなりました。

2000年より学生受け入れを開始した本コースでは、国内外の優秀な人材が学び、博士・修士を含め60名近くの卒業生を輩出することができました。国内外で、国や地方自治体等の行政、文化振興団体、民間企業、コンサルタント、教育職・研究職等、それぞれに希望に沿った分野で活躍しています。また、この間、各種国際シンポジウム、フォーラム等を実施、97回を数える特別セミナーでは、国内外から多くの文化団体・実践家、官界、経済界を始め、多様な分野の有識者の方々にご登壇いただきました。これらは、1億7千万円強に上る外部資金により支えられており、運営費交付金では実施できない、教育、研究、研修事業等につながりました。


これまで、ご支援、ご協力賜りました多くの関係者の方々に、心より感謝申し上げますとともに、皆様のご多幸とますますのご発展を祈念し、略儀ながらご挨拶とさせていただきます。


2024年1月吉日


政策研究大学院大学 

名誉教授 垣内恵美子


特集記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page