top of page

開催報告|文化政策コース修士論文発表会(2023年度)

2024年2月9日(金)政策研究大学院大学公共政策プログラム文化政策コースでは、2023年度修士論文発表会をオンライン開催いたしました。おかげさまで、修士学生5名の発表が無事に終了いたしました。ご多忙のところご臨席いただきました先生方、コーディネーターの東さまにも、改めてお礼申し上げます。



ゼミ生のみなさまには、大変おつかれさまでした。文化政策を軸に、多岐にわたるテーマについての研究発表はいずれも興味深く、それぞれの課題意識も明確で、丁寧な調査・研究の姿勢が伺えました。

最終稿提出まで、もう一息! 頑張りましょう!


 

公共政策プログラム文化政策コース 

修士論文発表会(2023年度)

  

         記


■日 時 2023年 2月9日(金)13:30‐16:30

■会 場 Zoom

■発表者 5名


13:30-14:00 大熊 玲子「公立劇場専属舞踊団の継続要件の検討―新潟市民芸術文化会館のNoism Company Niigataを事例に―」


14:10-14:40 佐藤 奨平「食文化の保存・活用をめぐる政策の現状と課題-ユネスコ食文化創造都市:山形県鶴岡市・大分県臼杵市を事例として-」


14:50-15:20 濱永 清隆「Covid-19影響下における文化政策の効果検証〜北九州市におけるライブハウスを事例として」


15:30-16:00 山口 英峰「公共劇場における演劇公演の就労環境改善に向けた現状の整理とそれに伴う政策的インプリケーションー創造型公共劇場の事例をもとにー」


16:00-16:30 永山 可奈子「公立美術館におけるPFI導入に関する一考察」


※各30分(発表20分+質疑10分)

                        以上

特集記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page