開催報告| 文化庁事業|ラウンドテーブル@松江

2022年11月14日(月)座談会@松江市を開催いたしました。

フランスより、クサビエ・グレフ名誉教授(パリ第一大学)をお招きし、「第7回 松江・森の演劇祭(2022年11月5日-13日)」メイン会場でもあるしいの実シアターでの、現地開催を実現しました。


「劇場の持つ文化力を次の世代につなげていくために、今、何をしたらよいのか」をテーマに、PARTIではWill Theatre survive in the digital age?: its timeless roleとして、デジタル化の進展を踏まえつつ、改めてライブの価値、劇場が地域にとってどういう存在なのか、フランス、ヨーロッパでの事例紹介を交え、グレフ先生にお話いただきました。PartⅡでは、グレフ先生に加え、専門家、行政官、しいのみシアター館長からなるラウンドテーブルを開催。会場には近隣住民のみなさまをはじめ、県外からも多くの方にお運びいただき、盛況のうちに幕を閉じました。

 

オープニングリマークス 垣内 恵美子(GRIPS)

本事業ディレクター垣内名誉教授が開会のあいさつを述べ、全国における公立劇場について概説、しいのみシアターの特徴にも触れ、本座談会の趣旨を説明いたしました。


「しいのみシアターでは昨日まで国際演劇祭が開催されていました。本学が実施した住民調査によると、松江市民の約8割を超える人々が、この演劇祭を異文化に触れる機会を提供し、松江を世界に発信する「世界への窓」として高く評価しています。劇場は、人々が集う身近にある大切な地域拠点ですが、チケット代だけで成り立つものではありません。だからこそ、地方自治体が設置し、運営を支えています。しいのみシアターも松江市立の劇場です」


ご挨拶 上定 昭仁氏(松江市長)

松江市長上定 昭仁氏より、ご挨拶をいただきました。



ラウンドテーブル PART1

Will Theatre survive in the digital age?: its timeless role

デジタル時代の劇場:時代を超えた役割|クサビエ・グレフ 氏(パリ第一大学 名誉教授)


PartⅠでは、「デジタル時代の劇場:時代を超えた役割」と題し、クサビエ・グレフ名誉教授による基調講演を行いました。一般的に、デジタル化によって、より多くの人々にそのサービスを提供できる可能性もあるとされます。優れた舞台芸術を守り、より良いものにするため、劇場がデジタル技術を活用することの可能性について言及しました。


<概要>

劇場は、最も古い芸術形態のひとつであり、視覚表現を介して、物語を語り、解釈することで、人々が互いに知りあい、よりよく理解しあい、また何か共通するものをつくる貴重な体験を提供する場でもあります。しかしながら、現在、劇場は危機に瀕しているともいえるでしょう。劇場運営には困難が伴い、(CDやDVDなどのように)デジタル化することで価格を下げられる他の芸術活動とは異なり、劇場は、機械化やデジタル化の恩恵受けることがなく、結果として、消費可能な分野との厳しい競争に晒されているのです。

 

劇場にはいくつものタイプがあり、ここでは、3つのタイプ「ブランド型劇場」「イベント型劇場」、そして地域の生活に根差した「地域劇場」とします。地域劇場は、特に農村部に位置する「ルーラルシアター」が象徴的に示すように、とりわけ存続の危機に瀕しています。多くは規模の小さな劇場だが、これらの劇場は、その革新性で危機に立ち向かい、地域コミュニティの活力の源として活動を継続しようとする意欲に満ち、様々な創造の場をつないで、住民参加のもとに新しい価値を創り出そうとしている。これらの劇場とデジタル化は相いれないものなのでしょうか。デジタル化は、一般的に、文化の(創造ではなく)消費を拡大し、人々を分断するものであると言われています。だが、このデジタル化は、劇場を窮地から救うことができるのではないでしょうか。一見、逆説的な問いだが、答えは興味深い。デジタル化により、誰もがアクターであり、かつ聴衆にもなりうるのです。この意味で、「第4の壁」(ドゥニ・ディドロの演劇論において、「観客と演技者との間にある目に見えない壁」をいう)を取り払うことができます。他方、デジタル化は、舞台芸術を新しい聴衆に届け、新しいテーマや作品を地域に関心を持つ住民とともに作り出すことに貢献できるかもしれません。さらに、デジタル化を進めることによって、劇場は対話の場となり、創造性をはぐくむ拠点となり、芸術以外の雇用や活動を地域に生み出す資源ともなりうる可能性も考えられるでしょう。



PART2 ラップアップ:劇場が地域社会にできること

登壇者:クサビエ・グレフ氏/園山 土筆氏/齋藤 讓一氏/松尾 純一氏

コーディネーター:垣内恵美子


ラウンドテーブルでは、国内外から専門家を交え、改めて地域に立脚する劇場の意義について、基調講演での指摘も踏まえながら、今後の方向性を探るべく意見交換を行いました。


しいの実シアター園山館長からは、しいのみシアターが具体的に松江市で展開されている事業についてご紹介いただき、その成果や課題、今後の展望などを共有しました。続き、舞台芸術制作に長年携わってきた斎藤先生からは、舞台芸術を巡る状況全般とともに、しいのみシアターの活動への思いを語っていただきました。12,13日は、齋藤先生、グレフ先生ともにしいの実シアターでの森の演劇祭に参加、舞台公演を拝見し、ボランティアやアーティストなど多くの方々との交流体験も踏まえてお話しいただき、また、市の文化政策推進の要である松尾部長から市の政策の概要や今後の展望、しいのみシアターに期待することなどをお話しいただきました。しいのみシアターは松江市立の劇場であり、設置者としての松江市では、現在文化振興のための条例、基本計画、さらに実施計画を策定、現在、文化力を生かしたまちづくりに向けて種まきの真っただ中です。それぞれのお立場から、これまでの取り組み、これからへの期待を込めたあつい思いを語らいました。


ご来場いただきましたみなさま、松江市のみなさま、あしぶえのみなさま、ありがとうございました。


(ラウンドテーブル前日の様子:左から、齋藤先生、上定市長、グレフ先生、垣内先生、園山理事長)

 

スピンオフ企画 

ラウンドテーブル@松江

​「劇場の未来を考える~課題解決型シアターマネジメント2022ー新たな視点ー」

 The future of theaters: Beyond the pandemic crisis


■日時  2022年11月14日(月)14:00-16:40

■会場  松江市八雲林間劇場しいの実シアター

    (島根県松江市八雲町平原 481-1)

■申込

 しいの実シアター(NPO法人あしぶえ)お電話でお申込ください。

 参加無料!

■タイムテーブル

 14:00-14:05 <オープニングリマークス> 垣内 恵美子(GRIPS)

 14:05-14:15 <ご挨拶> 上定 昭仁(松江市長)

 14:15-15:00 <ラウンドテーブル PART1>

 14:15―15:00 デジタル時代の劇場:時代を超えた役割|クサビエ・グレフ (パリ第一大学)

 15:00-15:40 <COFFEE BREAK>

 15:40-16:40 <PART2 ラップアップ:劇場が地域社会にできること>

      登壇者:クサビエ・グレフ/園山 土筆/齋藤 穣一/松尾 純一

      コーディネーター:垣内恵美子

       <クロージング・リマークス> 園山 土筆


【関連ページ】

座談会専用ページ https://www.culture.grips.ac.jp/matsue2022

第7回 松江・森の演劇祭 https://festival.ashibue.jp/



特集記事
最新記事