開催報告|特別セミナー2021|文化を巡る政策最前線(第78回)


文化政策コース

特別セミナー2021文化を巡る政策最前線

文化政策コースでは、各分野における専門家をお招きし、本学学生を対象に特別セミナーを開催しています。第78回は「「明治から現代まで ー東京国立近代美術館が目指す未来とは」をテーマに専門家のお話をお伺いいたしました。

<受講者による感想>

東京国立近代美術館において、コレクション展がどのように創られ、どのような役割を果たしているかという点について、COVID-19や近年の日本における芸術文化政策の影響も交えてお話しいただきました。美術館の企画展についてのお話はこれまでにも伺う機会がありましたが、館の要となるコレクションを展示するコレクション展についてのお話を、美術課長である大谷さんから直接伺うことができた今回のセミナーは、とても興味深く学びの多いものでした。


とりわけ、昨今のCOVID-19影響のもとでは館のコレクションがその美術館の強みとなりうること、そして、そうした状況の中で今後、コレクションの収集に力を入れる傾向が美術館の間で強まってくるのではないかというお話には、日本の美術館がより魅力的なものとなっていくことの可能性の一端を感じました。何かと悲しく、ネガティブな出来事やニュースが多い中ではありますが、そうした中でもアートや美術館の可能性を信じ、何か新しい価値を生み出そうとする姿勢に感銘を受け、また私自身もアートが持つ可能性を再認識することにもつながった今回のセミナーを、今後の学びや活動に活かしていきたいと思います。


(武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻芸術文化政策コース M1 | 植松依子)




【第77回 開催概要】

■日 時  2021年7月30日(金)10:40-12:10

■会 場  Zoom

■講 師  大谷 省吾 氏 (東京国立近代美術館 美術課長)

■題 目 「明治から現代まで 東京国立近代美術館が目指す未来とは」

■内 容 

東京国立近代美術館(The National Museum of Modern Art, Tokyo)は、日本で最初の国立美術館として、横山大観、菱田春草、岸田劉生など日本美術の名作コレクションをもとに、様々な展覧会や鑑賞教育活動を行ってきた先導的な美術館である。東京の中心部に立地し、多くの人々が国内外から来訪するこの美術館も、コロナ禍にあって活動の制約を受けるとともに、改めて美術館の社会的意義を考える必要性にも直面している。本セミナーでは、東京国立近代美術館の運営上の課題や現状等について情報共有いただくとともに、美術館が果たす役割について議論する。


#政策最前線 #文化政策 #セミナー

特集記事