開催報告|国際シンポジウム「劇場の未来考える課題解決型シアターマネジメント2021」(後編)

劇場の未来を考える~課題解決型シアターマネジメント2021-新たな視点-

The future of theaters: Beyond the pandemic crisis

PartⅠの概要はコチラです。


2021年12月8日、令和3年度文化庁事業「劇場活動にかかる評価リテラシー育成のための教育プログラムの開発―自己評価ガイドブックの作成及び調査アプリの開発」の一環として国際シンポジウムを開催いたしました。


■概要

本事業2年目となる今回のシンポジウムでは、COVID-19により大きく変化した昨今、公共劇場における国内外最新の動向についての情報共有の場として、各劇場の現状を整理し、課題の把握、評価の有効性や活用、自己評価の試行等に関する議論を行いました。PartⅠでは、本事業研修生による「劇場が直面する課題」をテーマに、各劇場からの事例報告、PartⅡでは、現下の国際的潮流 コロナの影響と芸術活動 緊急報告」として、専門家による緊急報告を主とした二部構成としました。

■PartⅡ|コロナの影響と文化政策 新たな視点 

​    「A new perspective on adverse effects of COVID-19 and contingency plans by governments」

劇場の社