top of page

開催報告1(Part Ⅰ|劇場が直面する課題)|国際シンポジウム「劇場の未来を考える課題解決型シアターマネジメント2022」

2022年11月16日(水)国際シンポジウム「劇場の未来を考える 課題解決型シアターマネジメントー危機を乗り越えるためにー」をオンライン開催いたしました。PartⅠは協力劇場及び関係者によるクローズドセミナー、PartⅡでは海外からの専門家を迎えての基調講演、ディスカッションを行いました。研修生のみなさま、各館長、アドバイザリー、関係者のみなさまには、深くお礼を申し上げます。


<順次公開予定です>

■開催報告1|PartⅠ 研修生によるプレゼンテーション 

■開催報告2|PartⅡ 海外招聘パネリストによる基調講演 

           協力劇場館長・本事業アドバイザリー・海外招聘パネリストによるラウンドテーブル

 

Part Ⅰ|劇場が直面する課題


オープニングリマークスでは、本事業ディレクター垣内名誉教授が、日本における劇場を取り巻く状況を概説したうえで、2022年3月兵庫県で実施したアンケート調査の結果もふまえ、鑑賞活動におけるコロナ禍以降の人々の意識の変化についても触れました。


「劇場活動は、コロナ禍で非常に大きな打撃を受けました。感染抑制のために、人流を止めることはやむをえないことでしたが、劇場の本質は、特定の時間、空間に人々が集まり、体験を共有することにあると思います。不要不急と言われたことの精神的ダメージもありましたが、閉館や観客数制限は劇場活動への直接的なダメージとなりました。一方、対面での活動ができなくなったことで、クローズアップされたのはデジタル化の推進です。デジタル化は、今や文化全般で進展しており、作品と最初に出あうのは、自分の部屋でスマホで、といった方も増えてきています。舞台配信は、コロナ巣ごもり中の多くの人々に享受され、これまでの顧客とは異なる人々にもつながりました。オンラインであれば、いつでも、どこでも、そしてチケット代よりもはるかに安く、鑑賞ができます。また、告知も、紙媒体やホームページに加えて、機動性の高いSNSの利用が進みました。


しかしながら、各種調査からは、人々の「ライブ」へのニーズは根強いということも見えています。コロナ禍が落ち着けばライブで芸術を楽しみたい人は多く、一方で、コロナ禍が落ち着いた後もオンライン配信を鑑賞し続けるという人は非常に少ないようです。ライブの舞台芸術鑑賞を主たる活動とする劇場では、時間とお金をかけて、チケットを買って、劇場に来てくれる顧客を、いかに満足させることができるか、旅行や飲食、ネットサーフィンなど他の時間消費型活動といかに差別化を図れるか、ということが、これまで以上に重要になっていくでしょう。優れたコンテンツを作り続けることこそ優先されなければならないわけですが、一方で、デジタル化にどこまで投資すべきかは、悩ましい課題です。それでも、生の舞台芸術を作り続けるために、デジタルの恩恵を最大化することも、今後検討されなくてはならない重要課題となるでしょう。さらに、昨今のウクライナ情勢などによる光熱水費の高騰や、人件費の値上がりなど、今後経費の増大も懸念されています。こういった不透明な状況の中、今、何をすれば、劇場が持つ文化力を次の世代につなげていくことができるでしょうか。今日は、このことを皆さんと一緒に考えてみたいと思います。」


各劇場プレゼンテーション<7劇場×15分>

最前線からの報告 |司会 小川由美子


コロナ禍における各劇場の取り組み等を共有するために、今年度協力劇場より6施設、8名の研修生がプレゼンテーションを行いました。地域の特色、文化的背景をふまえた設立経緯、運営方針、施設や組織等の概況をはじめ、主な事業について説明したのち、緊急事態宣言下での閉館を経て、活動再開から、コロナ禍という危機に立ち向かうための取り組みなど具体的な事例をご紹介いただきました。


■発表劇場

 ①札幌コンサートホール Kitara Sapporo Concert Hall Kitara

 ②日立システムズホール仙台 Hitachi Systems Hall Sendai

 ③りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 Niigata City Performing Arts Center “RYUTOPIA”|ご欠席

 ④神戸文化ホール Kobe Bunka Hall

 ⑤兵庫県立芸術文化センター Hyogo Performing Arts Center

 ⑥松江市八雲林間劇場 しいの実シアター Yakumo Forest Theatre Shiinomi Theatre

 ⑦北九州芸術劇場 Kitakyushu Performing Arts Center



札幌コンサートホール Kitara(清宮氏)は、「札幌市の主な芸術文化活動」「札幌市芸術文化財団と札幌コンサートホール Kitara」「事業の3つの柱」をご紹介、「現在の課題と取り組み」として、来場者の維持及び新規開拓への取り組みについてに触れ、ブランド力を高めるためのプログラムづくり、新たな客層へ向けた公演の充実、それに伴う人材育成の重要性を挙げてくださいました。


日立システムズホール仙台 (石丸氏・佐藤氏)は、多様な機能を持つ施設の紹介のちに、本事業特別講座でも取り上げたロジックモデルにも言及。PDCAサイクルとロジックモデルを活用しながら、劇場でのバリアフリーへの取り組みを例に、仮設タイプ・ロジックモデルを独自に作成、「場当たり的な課題解決」「職員の知識、対応能力のばらつき」他、具体的な問題点をあぶりだし、その解決への糸口をさぐる、という大変意欲的なプレゼンテーションでした。


神戸文化ホール(坂本氏)は、劇場が直面する課題、として、2023年に開館50周年を迎える神戸文化ホールにおける人材育成を軸に据え、インターンシップ、舞台機構講座(舞台のつくりかた編 宙のソラミミ)等の活動紹介を行い、神戸市でのアーティスト、文化関係者への相談窓口の設置についてなど、文化芸術と地域をつなぐひらかれた存在であることを意識されたご発表でした。


兵庫県立芸術文化センター(酒井氏・波多野氏)は、「阪神淡路大震災からの復興のシンボル」「劇場を街のみんなの広場に」という劇場において、実際に取り組んできたコロナ対策を中心にご発表いただきました。「コロナワーキングチームの設置」「ガイドライン等の制定」等8つの項目を挙げ、KOBELCOホールでの気流実験についても動画でご紹介。次々変わる状況に、真摯に立ち向ってこられた様子が印象的でした。


松江市八雲林間劇場 しいの実シアター (有田氏)は、中山間地にある劇場の特性から述べ、地域の子供たちに向けた「未来学校2022」での活動、また5年ぶりに開催された国際演劇祭「松江・森の演劇祭(2022年11月)」についてもご報告くださいました。各活動での成果として「ボランティアクルーの成長」「近隣住民の変化」「行政とのかかわり、連携」等を挙げ、地域に根差した劇場の存在感を示しました。


北九州芸術劇場(吉松氏)は、「観る」「創る」「育つ」「支える」の4つの事業について、具体的活動をご紹介。新型コロナの影響と取組みとして「Re:北九州の記憶」「やってみた動画」に挑戦、事業に特化したオンライン配信、観客目線での動画シリーズ配信などの実現と合わせ、各事業の実施状況をご報告くださいました。そのうえで、定量的評価に加え、定性的評価への課題や劇場運営における課題に言及されました。


(11月16日 国際シンポジウムPartⅠより)


■アドバイザリーからのコメント

プレゼンテーション終了後、本事業アドバイザリー永山先生、津村先生からのコメントを頂戴しました。各研修生の発表を汲んでの見解、提言に頷かされる点が幾つもありました。


永山恵一氏(株式会社 政策技術研究所 代表取締役)

「札幌コンサートホール Kitaraには、専用ホールで来館者の特定層を拡げることが大きな課題ですが札幌市は札幌文化芸術交流センター(SCARTS)を整備されており、この機能を複数館で活用していくような取組みができると、より広がりのある活動ができるのではないでしょうか」「日立システムズホール仙台には、ロジックモデルを活用して、課題を構造的に、長期的なアウトカムまで見据えて整理されたことは極めて重要な取組みで、劇場の持つ役割や果たしていることの説明力を高めるものであり、ぜひ継続して取組まれたい」「神戸文化ホールには、文化芸術と社会をつなぐにはアートマネジメントが重要との指摘はもっともで、そのための取組みの中では、市民の側が劇場を自分のものと考え、積極的に関わっていけるように「エンゲージメント」という概念を組み込んでいかれると良いと思います」「兵庫県立芸術文化センターのコロナ対策は先進的な取り組みでわたしたちも勉強をさせていただきました。これまでに育まれてきた地域住民・県民との関係、「エンゲージメント」の関係がコロナ禍を乗り越える力にもなってくれると思います」「しいの実シアターは、社会から離れたような場所にありながらも、そこでの演劇活動に社会そのものを見出すことが出来る場ではないかと思います。ここでの活動が、全国、市内にもまだ知られていない、というのはもったいない。配信なども活用して、もっと発信されるよう期待しています」「北九州芸術劇場も劇場文化の拠点ですし、評価を開館以来続けられていますが、それでも現在の課題として評価の課題挙がっているということは、このテーマがいかに難しいか、劇場