シンポジウム・ワークショップ

「劇場の未来を考える~課題解決型シアターマネジメント2018」

開 催 概 要

■日時 3月5日(月)-6日(火)
■会場 政策研究大学院大学 研究会室4A
  
【プログラム】
3月5日(月)|シンポジウム 14:30‐17:30  (14:00 受付)

14:30‐15:20  クサビエ・グレフ「劇場に期待するもの:国際的な潮流から」(50分:通訳付)
(15:20-15:55 |コーヒーブレイク)
15:55-16:10 垣内恵美子「劇場の社会的価値:来ない人たちに何ができるのか」
16:10-16:25 林伸光「チケットを売り切る:マーケティングで社会とつながる」
16:25-16:40 齋藤譲一「つながる劇場:地域連携、劇場連携を考える」
16:40-16:55 津村卓「想像そして創造から広がる事業:アートの力」
17:00-17:20 ディスカッション(全体)
17:20-17:30 クロージングリマーク(垣内)

3月6日(火)|ワークショップ 10:30‐14:30
各劇場による発表(各20分)
10:30- 上田市交流文化芸術センターサントミューゼ
10:55- 北上市文化交流センターさくらホール
11:20- 北九州芸術劇場
11:45- 彩の国さいたま芸術劇場
(12:00-13:00|休憩)
13:00- ロームシアター京都
13:25- 神戸文化ホール
13:50- 札幌コンサートホールKitara         
               

​(平成29年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業)

© 2018 by GRIPS Cultural Policy Concentration